Weblog

コミックマーケット90回目の節目に2年ぶりにサークル出展することになって #C90

前の更新で2年前に寄稿の話を書いて以来なので,実に20ヶ月か.サークルとしての活動はしばらくなかったが,コミックマーケット90にて本を出すことになった.

今回は「たしなみとしてのテキストエディタのだばなし」として,個人的に気になっているテキストエディタの使い心地を試した本を作ってみた.今回はAtomVisual Studio CodeBracketsをレビューしてみたわけだが,どういう使い方を出せるものは出しておいて使い心地を調べるという,ネットで書けよという話は出てきそうだけど,コミケで本にした方がまだ手に取られやすいかなという感じの本である.言い訳じみた文章が実にクドい.

とはいうものの,入稿後にバージョンアップがあったソフトがあったので,本にまとめることの難しさはあるが,開発プロジェクトとして動いていたりするので仕方がないのかもしれない.あとコミケ会期後に急速に書いてあることが古くなっていく宿命もあるので,枯れてないものを扱う難しさもあるわけで.ただ,WindowsユーザはWindows 10へのアップデートの有無にかかわらず,この機にテキストエディタを積極的に選ぶということをして欲しい感じがでるようにしてみた.

本の表紙

それ以外にも過去に出した本も持って行くが,持っていくのは次の通り:

  • たしなみとしてのテキストエディタのだばなし(新刊:300円)
  • Weblog Programming Book PHP編(400円)
  • Weblog Programming Idea Book(300円)
  • 同人サイト製作の小ネタ帳 その1/その2(各400円→300円)
著者:
桐生哲史
作成時間:
2016年8月11日 午前1時36分
タグ:
イベント / 同人
このページのURL:
http://www.kiryushiki.net/log/2016/08-11-01.html

「PIKAGRE PROJECT」アンソロジーに寄稿のお知らせ

コミックマーケット87にはサークル申込をしなかったため,サークルとしての活動はないかと思っていたが,音楽ゲーム系クラブイベント「PIKAGRE PROJECT」のアンソロジー本に寄稿することとなった.音ゲー系の同人にはぷろとらどっとこむの本以降関わるリソースが作れなかったため,再び音ゲー系同人に関われるとは思ってもいなかったけど.

PIKAGREには,個人で1本WAVをかけさせてもらったりとか客としての関わりとかあるけど,原稿の方にはPIKAGREに関わる以前から作っていた1本WAV制作のポリシーを中心に書かせて貰っている.人前に立つようになって日が浅いとかいうのに,先のテーマで書くのも割と図々しいとは思うが,セットを作るのにこういうことを表明するというのは敢えて出してもいいかなと思って書いてみた.

なお,本の頒布は月曜日東T21b"ぱっつんきゅーと"・月曜日東T40b"梁田的電脳空間"で行われる.頒布価格は500円.

2014年12月30日追記 PIKGAGRE通常回にもアンソロ持っていくとのこと

作成時間:
2014年12月27日 午後10時12分
タグ:
イベント / 同人
このページのURL:
http://www.kiryushiki.net/log/2014/12-27-01.html

夏コミの季節がやってきて,またサークル出展することになった #C86

約1年ぶりの更新である.去年の夏コミは会期前後に仕事が立て込み,サイトの更新やら冬コミのサークル申込からの落選やらをTwitterでの告知で済ます事になり,十分サボってる感があったが,コミックマーケット86にサークル出展することになった.期日は8月17日(3日目),ブース番号は西2ホール・き31Bである.

今回は,「Weblog Programming Book PHP編」という本を新刊として出す.去年出した「Weblog Programming Idea Book」は,新刊を出す前に3言語でスクリプトを書き比べするという企画でやったが,今回はPHPで書いている.内容はXMLの中にMarkdownを混ぜたデータ処理方法の解説を中心に―という感じである.

元々は,記事データの管理をしやすく,かつサーバ移転でもそこまで手間のかからないブログツールということで開発をしているが,実のところやろうと思えば誰でも出来ることしかやってない.それこそネットで情報をかき集めれば出来るシロモノであるが,ブログツールの思想性を考えるのは自分であると考えているので,変えるものと変えないものを自分で決めたり,フォークされるならそれもアリかなくらいにしか今のところ考えていない.

それ以外にも過去に出した本も持って行くが,持っていくのは次の通り:

  • Weblog Programming Book PHP編(400円)
  • Weblog Programming Idea Book(300円)
  • 同人サイト製作の小ネタ帳 その1/その2(各400円→300円)
作成時間:
2014年8月14日 午後6時13分
タグ:
イベント / 同人
このページのURL:
http://www.kiryushiki.net/log/2014/08-14-01.html

夏コミの新刊告知を会期中に出すとかどうなのよと思われつつ告知 #C84

しかも寄りによって前日とかな.それはともかく夏コミである.ウチのサークルは3年ぶり出られるというのに,いつも以上に作業時間を割けないという逆境を何とかこなしつつ新刊を出す.

今回の新刊のタイトルは「Weblog Programming Idea Book」である.WordPressとかアメブロとかあるのに,敢えて自分でプログツールをプログラミングして作って見ようという本であるが,その工程でいろいろな言語で作って見ようというちょっとおかしな本である.具体的には,同じような処理をPerl,PHP,Rubyで書いてみたという本である.Idea Bookとちょっと引っ掛かる書き方をしたのは,初めてのサーバサイドプログラミングということもあって,作りこみの程度をどの程度に設定するかという感覚がよくわからなかったというのがあったからだ.ガッツリ作ったものの,本採用で1個にしぼるとなると,作業内容としては大幅な損失になると思ったからである.あとは,アルファリリース以前のアイデア段階で出す本ということもあるので,あえてオフセットではなくコピー誌であるところもあるが,それ以前にオフセットの〆切に到底間に合わないというスケジュールの確保の問題でもあるけれど.

頒布価格は40ページありながら300円という設定も,久々のコピー誌で価格設定はこれでいいのかというものあるが,前もこの程度の分量で300円で出してたのでこれで行くことにする.あと旧刊はそれなりに持って行くが,直前の新刊が3年前で今更大丈夫なのかということはあまり気にしないことにする.3年出られなかったわけだし.

偶然このページ見ちゃって,来てもいいという人はどうぞ.それ以外の人もお時間あればふらっと立ち寄る感じで.ブース番号は東ペ13a.

作成時間:
2013年8月11日 午後10時29分
タグ:
イベント / 同人
このページのURL:
http://www.kiryushiki.net/log/2013/08-11-01.html

今年の夏コミでやろうと思っている企画

夏コミまで4ヶ月弱とは言っても,抽選に当たらなかったら意味がないわけで,こちとら3年ぶりのサークル参加狙っとんじゃワレとほざきつつ,夏コミでやることをぼちぼち考えている.久々ということもあって,ヒマな時間でボチボチ作っていた実験モノを出そうと考えている.

今回は,blogツールを色々なプログラミング言語で作ってみようという企画である.普通のプログラマなら複数のプログラミング言語でプロダクトを作ろうとは考えない(はず).だが,それに反発してウチのサークルはやってみようという企画である. 今回は,ウチのサークルが契約しているJust-Size Networksというレンタルサーバで動くモノでやってみようと思う.具体的にはApache上でPerl・PHP・Rubyを使い,フレームワークを使わない方向で行こうと考えている.フレームワーク使い出したら,出るの何年後になるんだと予想したので今回は却下.デモの出せないモノ作っても仕方がないので.

アイデアを出す段階では,ASP.NETもやろうと考えていたが,実行環境の問題(IIS Expressでやるとか,どの範囲までやるか)の見極めがつかなかったので今回は見合わせることにした.しかしこっちの方でも実環境では無理でもデモンストレーションを用意できるくらいのモノは作りたいと考えている.

ブログツールはその気になればある程度は作れないものでもないと思っているので,仮にショボいと言われようが,じゃあ自分で作ってみやがれワレと言う準備は今からしておくことにしようか.

作成時間:
2013年4月20日 午後8時33分
タグ:
イベント / 同人
このページのURL:
http://www.kiryushiki.net/log/2013/04-20-01.html

コミックマーケット83の反省会まとめ: Remember, C83.

コミックマーケット83の反省会に撤収ついでに行ってきたので,それのまとめ.

今回は,黒子のバスケの脅迫事件に伴う,同作品を扱うサークル参加及び同人誌・グッズ頒布自粛のお願いを準備会からせざるを得なかったことによる悔しさの滲みでた回であった.現段階では犯人が捕まっていないので尚更だが,本来参加できたはずの2日目に便乗犯・愉快犯が出てきたことは残念でならなかった.このことに関して,反省会では黒子のバスケのキャラのコスプレ参加や一般参加者のグッズの装着に関しての質問が出たが,準備会側では犯人の要求以外に関しての行為には特に自粛を求めることは考えていなかったようだ.質問者側は,反省会までは不満に思っていたようだが,不用意に犯人を刺激することにならないかという点に関しては,準備会側は特に禁止・明文化したこと以外はやっていって欲しいというニュアンスを込めたようだ.しかし,ボーダーラインを踏み越えて事件化されてしまえば,ビッグサイトでできなくなる可能性がないとは言い切れないのが微妙なところであろう.

それ以外のトピックとしては,企業ブースに日本マイクロソフト参加が異彩を放っていたことだろう.日本マイクロソフトがただ参加するのではなく,「コミケWebカタログ」がWindows Azure上で動いているということもあって,今思えば企業参加するのはある種必然性を持っていたことなのかもしれない.日本マイクロソフトに限らず,異色な企業の参加による企業ブースの面白さが出てくる一方で,企業ブースの申込数の増加・当選率の低下を引き起こしているようで,準備会はその板挟み悩まされそうである.

それ以外の主なトピックについては箇条書きで.

  • 3日間各日の参加者数は,1日目・2日目が17万人,3日目が21万人.
  • 設営日に防災訓練実施.今後も防災訓練はやるとのこと.
  • コスプレ広場は女性レイヤーの先行入場を実施.コスプレに関しては,実質的なコスプレの時間を開催時間内でやれる時間を出来るだけ長く出来るかが今後の課題.カメラ側の大きな機材の持ち込みに関しては広場拡張に伴って持ち込める機材の検討を行うとのこと.
  • マスコミ取材に関しては,全体的にコミケがイロモノ扱いされなくなった.ちなみに,テレ東の番組で,海外から来た人の取材でその人についていったら,行き先がコミケだったというハプニングもあった.国外では,BBCキー局で130カ国に配信する番組に登場するらしい.
  • 献血は400mlが殆どだった.と言うことは,ヲタクの血が行く事になり,もしかしたら輸血された人がオイデオイデしたらコミケに来るかも(ない).
  • 通信各社のNINJAこと社員の人が会場の通信環境を良くする機材の持ち込み・巡回でつながりやすくなったかも.
  • JPのコミケ担当の下請けが変わったらしく,企業間でのノウハウの継承がされなかった.準備会とJP・下請けでノウハウを積むが,何かあればマンレポに文章・絵に関わらず書いて送ってほしいとのこと.送られたものは担当者の目に触れられるようにしている.
  • 次回の夏コミは土曜始まりの月曜終わりという日程に.それによって日程・ジャンル配置が変わるが,これによって社会人の参加に若干の影響は出るかもとのこと.ちなみに米やん曰く「エロは日曜日」らしい.
  • ゴミの放置が問題に.各自で拾ってゴミ箱に捨てるように仕向けていきたい.ちなみに,この質問に立った人は,西2ホールの常連の撤収組の人.
作成時間:
2013年1月1日 午後9時42分
タグ:
イベント / 同人
このページのURL:
http://www.kiryushiki.net/log/2013/01-01-01.html